ベーグルは本当にヘルシーなのか?

ベーグルは低カロリーで低脂肪、とってもダイエット向きの食品”という風に紹介されている事があります。

でも、本当にヘルシーなのか?ダイエットに向いているのか?
そんな風に思っている人も多いのではないだろうか?
ベーグルについて考えてみよう。

 

ベーグルの製法に秘密があった!

 

ベーグルはパンの一種ではありますが、他のパンとは少し違うようです。
通常のパンは”小麦粉””卵””バター””牛乳”などを主原料として作るものがほとんどです。
それに比べてベーグルは”強力粉””お湯”がメインで、卵やバターは一切使いません。
また、ベーグルは他のパンと違って、焼く前に「ゆでる」という工程があります。
ゆでる事で、もっちりとした食感になります。
卵や脂分を使わず低カロリーで、もっちりしてるから食べごたえある。
こんな理由から、「ベーグルはダイエットに向いている」と言われ始めたようです。

 

意外とベーグルは高カロリー?

 

上記で述べたように、ベーグルは低カロリーなのは間違いないようです。
しかし、ここで大きな落とし穴が一つ。
1つあたりのカロリーを見てみると・・・

 

6枚切り食パン 一枚(60g)=160kcal
ベーグル 1個(120g)=290kcal

 

なんと、ベーグル1個の方が食パン1枚よりカロリーが高いのです!!
その理由は、1つのグラム数の差です。
一般的なベーグルは約120g〜150gのものが多く販売されています。
一方食パンは、6枚切りでも60gです。つまり、ベーグル1個を食べてしまう
食パンよりカロリーオーバーしてしまうのです。

 

またベーグルは、色々なものをサンドできるから美味しくて飽きないのも、魅力の一つ。
でも、サンドするものを間違ってしまうと、とんでもないカロリーになってしまいます。
ベーグルは、クリームチーズなどとの相性抜群!でも、クリームチーズはとっても高カロリー。
ヘルシーな野菜類などのサンドにしておく方が、ダイエットには良さそうですね。

 

注目すべきはもっちり感

 

ベーグルは、他のパンよりも”もっちり”とした食感が特徴のパンです。
そのもっちり感が、ダイエットに効果抜群のようです。
もっちりしているから、いつも以上に沢山噛まないと食べられないですよね。
沢山噛むことで、満腹感が得られる。腹持ちが良いとも言われています。
実際に「咀嚼ダイエット」というダイエット法もあるくらいです。

 

沢山噛むことで、食事時間も長くなりますね。
基本的に食事開始20分後あたりから、満腹中枢を刺激するホルモンが出ると言われています。
つまり、早く食べてしまうと満腹感を感じる前に沢山食べすぎてしまうわけです。
もっちりしたベーグルは、自然といつも以上に噛む事になるので、食事時間も長くなり
満腹感を感じやすくなる。という訳ですね。

 

 

まとめ

 

ベーグルは半分だけ食べる
サンドするものは野菜系、または元々フルーツ等が練りこんであるタイプのベーグルにする
しっかり噛み、ゆっくり時間をかけて味わう

 

以上を気をつけると、ベーグルはダイエット向きの食品と言えるでしょう。
ダイエット中だって美味しいもの食べたいですよね。
美味しくベーグルを食べて、上手にダイエットに活用してくださいね。

 

関連ページ

脚痩せダイエットランキング
脚痩せする方法をランキングにてご紹介します。
グリーンスムージでデトックス生活!
ダイエットに最適!グリーンスムージでデトックス生活はじめてみませんか?
ダイエットのための下半身強化
体の筋肉の70%を占める下半身を鍛えて脂肪燃焼を促進させ、ダイエットを成功させる方法をお伝えいたします。
ダイエット中に飲んでも良いアルコールと飲んではいけないアルコール
ダイエット中に飲むのはNGのお酒とOKのお酒があることをご存知でしたでしょうか?
生理を味方に付けるダイエット法
生理時期は体重が増えやすい時期。そして生理後は逆に体重が減りやすい時期。そんな生理前後のバイオリスムを利用してダイエットしちゃいましょう。
コーヒーにココナッツオイルでダイエット?!
コーヒーにココナッツオイルをプラスするだけでダイエットが出来たなんて!知らなかったで済まされない!
スパイスでダイエット効果アップ!
スパイスには多くの種類がありますが、その中でもダイエット効果が期待できるものをご紹介します。
白湯ダイエット※白湯を飲んでデトックス!
簡単で手軽にダイエットできたらいいな?そんな人には、白湯(さゆ)を飲むダイエット法をおススメします。