コーヒーにココナッツオイルでダイエット?!

コーヒーを毎日飲む人は多いと思いますが、どんな飲み方が好きですか?
ミルクやシュガーを入れたり、何も入れずにブラックで。カフェラテやカプチーノなども美味しいですよね。

 

そんなコーヒーにひと工夫するだけで、実はダイエットできるんです。
その方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

カフェインが効く

コーヒーと言えばカフェインが多く含まれていますね。

そのカフェインは、交感神経の働きを高め、代謝を促進して脂肪の分解を促してくれます。
交感神経には、体脂肪や体重をコントロールする働きがあるため、食欲を抑制する効果もあります。
さらに、コーヒーに含まれているコーヒーポリフェノールは、抗酸化作用が高く、他の食品に含まれるポリフェノールよりも吸収性が良いと言われています。

 

何気なく毎日飲んでいるコーヒーに、こんな効果があったとは驚きですね。
ただ、シュガーやミルクをたくさん入れ過ぎたりしたものを、毎日何杯も飲んでしまうと、効果は期待できなくなってしまう可能性があるので気をつけたいですね。


 

ココナッツオイルをプラス

ココナッツオイルは、近年とても注目されていますが、どんな風に食生活に取り入れたらいいのか、わからずにいる人も多いのではないでしょうか?

 

そんなココナッツオイルをコーヒーに入れるだけでいいんです。
コーヒーとココナッツオイルはとても相性が良いので、それぞれの効果を高めあうことで、脂肪の燃焼に働きかけて代謝もより良くなります。

 

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸を豊富に含み、消化吸収が早くエネルーギーになりやすいので、体に蓄積せず、中性脂肪になりにくいという特徴があります。中鎖脂肪酸には、動物性脂肪の燃焼を助ける働きがあり、体についてしまった体脂肪を減少させるので、ダイエットに効果的ですね。

 

さらに、中鎖脂肪酸の働きにより、脂肪の燃焼が促進されて、その燃焼の際に作られる〈ケトン体〉に、食欲を抑える効果があると言われているのです。

 

他にも、ココナッツオイルにはたくさんの体に良い効果があるので、これを機に食生活に取り入れてみるのもいいですね。


ホットコーヒーで!

ココナッツオイルは冷えると固まってしまうので、ホットコーヒーに入れてください。

 

適量は、カップ一杯のコーヒーにティースプーン一杯のココナッツオイルですが、カップの大きさなどによって調整してくださいね。
シュガーやミルクは入れずにブラックで。
ブラックコーヒーが苦手な人でも、ココナッツオイルを入れるとコーヒーがまろやかになり、フレーバーコーヒーのようにココナッツの香りも楽しめます。

 

オイルは、コーヒーの表面に分離して浮いてしまうので良く混ぜて乳化させてください。
乳化させるとココナッツオイルの吸収が高まります。
ミキサーを使うとふんわりとして飲みやすくなりますよ。
もっと手軽に混ぜるには、ステンレスマグに入れてシェイクしたり、ミルクを泡立てるミルクフォーマーを使っても良く混ざります。
ミルクフォーマーは100円ショップでも購入できるのでおススメです。

 

ステンレスマグなら、外出する時にそのまま持って行けるのもいいですね。
ただ、温かいうちにシェイクして飲まないと、オイルが固まってしまうので注意です。
食前や食間に飲むことで、食欲抑制効果がより得られるので、ぜひ試してみてくださいね。


 

いかがでしたか?
コーヒーにオイルを入れるなんてビックリですが、これを続けることでダイエットできるならうれしいですね。
毎日のコーヒーで、理想のスタイルを目指しましょう!

 

関連ページ

脚痩せダイエットランキング
脚痩せする方法をランキングにてご紹介します。
ベーグルダイエット
ベーグルは本当にヘルシーでダイエットに繋がるのでしょうか?
グリーンスムージでデトックス生活!
ダイエットに最適!グリーンスムージでデトックス生活はじめてみませんか?
ダイエットのための下半身強化
体の筋肉の70%を占める下半身を鍛えて脂肪燃焼を促進させ、ダイエットを成功させる方法をお伝えいたします。
ダイエット中に飲んでも良いアルコールと飲んではいけないアルコール
ダイエット中に飲むのはNGのお酒とOKのお酒があることをご存知でしたでしょうか?
生理を味方に付けるダイエット法
生理時期は体重が増えやすい時期。そして生理後は逆に体重が減りやすい時期。そんな生理前後のバイオリスムを利用してダイエットしちゃいましょう。
スパイスでダイエット効果アップ!
スパイスには多くの種類がありますが、その中でもダイエット効果が期待できるものをご紹介します。
白湯ダイエット※白湯を飲んでデトックス!
簡単で手軽にダイエットできたらいいな?そんな人には、白湯(さゆ)を飲むダイエット法をおススメします。